Powered by RSSリスティング
All About スタイルストアSony Style(ソニースタイル)シャディ Gift&Shopping

2008年02月27日

人生を時計に例えて

 人生を時計に例えたお話があります。
一分が一才で、一時間=60分です。

 勿論、人生=60歳だとは言いませんが
60歳までに大半の人生を終えているんじゃないかと
私は思います。60歳以降の人生も素晴らしいんですが・・・

 そうすると、私は38分がすぎておりまして
人生の半分を過ぎた頃であります。

 一時間の休み時間に例えるならば、
食事を終えて、歯を磨き終えて
タバコに火を付けている頃でしょうか。

 時計の針が40分を過ぎた頃には
午後からの仕事に気持ちを高めながらも
残り少ない時間を大切に過ごそうしている頃ですかね・・・

 そう思うと、もう時間が少ないんですよね。

 人生なんてほんの一瞬で終わってゆくのかもしれません。
しかしながら、残されて短い人生でも
大事に使わなければなりません。

 それが、昼休みのように儚く終わる時間であっても・・・
そう感じてしまうのは、歳を取った証拠なのでしょうね。

 皆さんも大事に時間を使っていきてゆきましょう。

即効シェイプ1000円体験★プラソン
無料の高機能検索サイト作成ツール 『too-search』
ブログランキングに登録しています。宜しければクリックお願します。

ランキングジャパン          ブログランキング           d_04.gif


タグ:人生
posted by sige at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87297987

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。