Powered by RSSリスティング
All About スタイルストアSony Style(ソニースタイル)シャディ Gift&Shopping

2007年08月23日

広陵監督「判定ひどすぎ」について

 劇的な幕切れとなった夏の甲子園決勝戦。試合後のコメントで、広陵・中井哲之監督(45)は8回の審判の判定に「あれはないだろう」と不信感をあらわにした問題。気持ちは解りますが、野球の試合でボール、ストライクの判定は覆りません。それが大事な決勝戦であっても、草野球であっても同じです。

 大体において、高校野球の審判はアマチュアであって判定も曖昧です。プロの審判だって正確ではありません。それが野球なのです。メジャーの審判でも「あれ?今のは・・・?」ってのもけっこうあります。選手の気持ちを考えるならば、本当に気の毒なのですがもう一度考えてください。人間が瞬時に判断を下す判定に「不正確さ」はつき物です。

 今回の問題点は、その判定に対して敗戦チームの監督が判定に対しての不服を口に出した事です。勿論、選手の気持ちを代弁する感情がそうさせたのでしょうが、それをなだめ、「勝負事とはそんなモノだ」くらいの指導教育を促すのが本当の指導者ではないでしょうか?どんなに広陵のほうが、実力が上であっても試合に負けたのは事実なのです。「あの一球がストライクならば」と思っても、その後にホームランを打たれたのも事実なのです。

 私は小学生の頃から野球をやっておりました。小学生の頃からピッチャーをしておりました。「あれがストライクならば」と思った事など数え切れないくらいにあります。経験上、決勝戦などのような試合に限って、ストライクゾーンが狭くなるのも何度か経験しております。簡単にストライクと言わないのが、決勝戦の主審にふさわしいと言いたげな判定のような気がいたします。これは大きな間違いだと思いますが、良くある話です。

 今回の判定については、私も同情いたします。しかし、そのことに対して監督が発言するのは間違いです。報道陣の前で発言をしては本当の敗者になってしまいます。そのことを選手達に伝えるのが本当の指導者だと私は思います。けっして、準優勝の広陵が優勝の佐賀北に劣ってはいなかったのですから。胸をはって準優勝を受け入れましょう。それ以前に敗れ去った多くの高校球児のためにも。

即効シェイプ1000円体験★プラソン
無料の高機能検索サイト作成ツール 『too-search』
ブログランキングに登録しています。宜しければクリックお願します。

ランキングジャパン          ブログランキング           d_04.gif
posted by sige at 23:39| Comment(0) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52490939

この記事へのトラックバック

中井哲之
Excerpt: 中井哲之中井 哲之(なかい てつゆき、1962年7月6日 - )は広陵高等学校 (広島県)|広陵高等学校野球部監督、商業科教諭。広島県廿日市市出身。大阪商業大学卒業..
Weblog: みやびのブログ
Tracked: 2007-08-25 04:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。